辻村電工株式会社


052-801-5037
052-803-9985


辻村電工では毎年6月1日に社長より今期の「会社テーマ」が発表されます。
全社員がこのテーマを常に意識することにより、今期一年間をどのような目標を持ち、意識しながら行動するかという指針になります。
このテーマに基づき各課、各個人の年間目標の基盤としています。各課においては、毎月の営業会議、各個人では半期ごとの人事考課において目標達成に対する評価がされています。

過去のテーマ

第36期のテーマ (2018/6/1-2019/5/31)

      • ・材料・原料を用い、手を加えて価値あるまとまりのあるものにすること。
      • 「作る」… make
      • ・世話したり、力を注いで大規模に育て上げること。
      • 「造る」… produce
      • ・存在しなかったものを新しく生み出し、生じさせること。
      • 「創る」… create
      • 「つくる」だけでもいろいろな意味があります、それぞれの言葉の持つべき意味を、今期は重要視し、業務を行いましょう。


1. 経営層 「会社の羅針盤である」

経営層とは「会社の方向性や将来の姿を常に想像し、実行しなくてはならない」
  • 社員に対して、自分の精一杯の力を注いで育てようと意識していますか。
  • 常に新しいものへの挑戦意欲と創造性、吸収できる柔軟性を持っていますか。
  • 一から造り上げる苦労を自ら惜しみなく、先頭に立ち行動していますか。
  • いつも笑顔を作り、人脈を大切にし、すべての人に接していますか。


2. 中間管理職 「会社の財産である」

中間管理職とは「経営層の示すビジョンを実現するための重要な指揮者である」
  • 会社内、またお客様に対して適度な緊張感のある空気を作るようにしていますか。
  • 現状否定し、新しいものへの創造性を常に意識していますか。
  • 常に柔軟な組織体制作りを意識した行動を自らしていますか。
  • 部下を育て上げるための苦労を惜しんでいませんか。


3. 一般職 「会社の稼ぎ頭である」

一般職とは「会社が求めているビジョンを実現するために常に成長しなくてはならない」
  • 意味のある行動をし、小さなものからこつこつと具体的な行動をしていますか。
  • ひと手間加えた価値のあるものに作り上げるための品質向上を心がけていますか。
  • 想像力向上のためアンテナを張り。自己育成を常に意識していますか。
  • 個人だけではなくチーム、人脈作りを意識したコミュニケーションができていますか。




ページの先頭へ