辻村電工株式会社


052-801-5037
052-803-9985


辻村電工では毎年6月1日に社長より今期の「会社テーマ」が発表されます。
全社員がこのテーマを常に意識することにより、今期一年間をどのような目標を持ち、意識しながら行動するかという指針になります。
このテーマに基づき各課、各個人の年間目標の基盤としています。各課においては、毎月の営業会議、各個人では半期ごとの人事考課において目標達成に対する評価がされています。

過去のテーマ

第35期のテーマ (2017/6/1-2018/5/31)

      • ・自分の意志、考え方、思想を相手に理解させること。
      • ・一方的に言うだけでなく、常に双方向関係を持つことで初めて成立する。
      • ・「言ったつもり」「伝えておいたのに」はありませんか。「伝える」と「伝わる」は違います。
      • ・今期は特に「双合コミニュケーション」の重要性を意識する。


1. 経営層 「会社の羅針盤である」

経営層とは「会社の方向性や将来の姿を常に想像し、実行しなくてはならない」
  • 社員・部下に自分の気持ち・思い入れを込めて話ができていますか。
  • 社員に対して一方的、無理強い、強引に命令口調で話していませんか。
  • ゆっくりと相手の顔を見て、相手がわかる言葉、相手のレベルで伝えていますか。
  • 相手の居場所に自分で足を運び、話していますか。相手から反応がありますか。


2. 中間管理職 「会社の財産である」

中間管理職とは「経営層の示すビジョンを実現するための重要な指揮者である」
  • 時系列やたとえ話、参考図を使い、相手のわかる言葉で部下に話しをしていますか。
  • 上司への報告・連絡は結果から話していますか。簡潔明瞭ですか。
  • 相手の反応、理解度に注意して話しをしていますか。
  • 「分かりましたか」と常に部下・相手に声をかけていますか。復唱させていますか。


3. 一般職 「会社の稼ぎ頭である」

一般職とは「会社が求めているビジョンを実現するために常に成長しなくてはならない」
  • 知った、理解した振りをしていませんか。
  • 興味を持って相手の話を聞けていますか。たとえ話が頭に浮かんできますか。
  • 質問もしないで、聞き流し、面倒くさいと思っていませんか。
  • 自分の表情、姿勢、口調を変えて、どうしてほしいか相手に話しをしていますか。




ページの先頭へ